票 ( %)
  • 東洋人傭兵
  • デュノス・ヴォルフガリオ
  • クリストファー・マクラウド
  • カルノー・ピクシス
  • ジョアン・エリータス
  • ロケットナイト(スパークスター)
  • ミハエル・ゼールビス
  • デュラン・ドルファン
  • ロバート・ロベリンゲ
  • スパン・コーキルネイファ
  • バルドー・ボランキオ
  • ヤング・マジョラム
  • セイル・ネクセラリア
  • ミラカリオ・メッセニ
  • キリング・ミーヒルビス
  • グスタフ・ベナンダンディ
  • サム・バーストン
  • ビリー・バーストン
  • アナベル・ピクシス
  • ジャック・バーストン
  • 答えは追加できません

13
コメント

  • タグの書き込みはできません
  • コメントの修正、削除には必ずパスワードが必要ですので必ず保管してください。
よく来たなゴロツキどもの第一声がよかった
ヤング大教官には生きていてもらいたかったっすね
個人的に男性キャラクターの中では一番好きです。
一騎打ち(戦闘時)の姿(特に甲冑姿)は最高です。
公式インタビューでも語られている通り、
「王としての資質(というか器)」にはやはり欠けていますが、

少ない登場時の台詞からも
非常に温和な人柄が見て取れるので、

「器」では兄に遠く及ばずとも、
身分が低い人間や「敵」に対しても同情の念を抱くなど、
「(王としての)資質」が無いという訳ではないと思います。

…ライズ本人にとっては、好意は理解しつつも
「侮辱」としか受取れなかったでしょうけど、
ライズを「我が娘」のプリシラ同様の扱いを…
と述べられていますし…。

もしデュラン(現)国王の方が兄で、
デュノスのように追放されても、

恐らく、デュノスのように「破滅」の道に向かうことは
無い気がします…さすがに全く怨みを抱かない
というのは不可能でしょうが…。

プリシラとライズが
「対の存在(と描かれているように見える)」

と同様、

デュラン現国王とデュノスは、やはり双子だけあって、
上記の二人以上に
「対」の存在ですね。
やはり、ライズと「お父様」がこの作品の二大柱(?)
なんじゃないかと…悲劇的な意味合いを多分に含み…。

…まぁ、元を辿れば、
かのピクシス卿がいなければ
「みつめてナイト」という作品自体、

ライズに関しては、更に悲劇的な事に、

ピクシス卿がいなければ
(ああいうことを「お父様」にしていなければ)
生まれてもいないですけど…。

…今となってはCDドラマのカーテンコール
(キャストの方々のCDドラマ収録後のトーク)の

「凍傷の中で死んだデュノス、永遠(とわ)に眠れ。」

がまともに聞けないですね…。
最近は東 洋人(あずま ひろと)が本名だと思えてきました
10年振りぐらいにプレイしましたが、やはり東洋人の鬼畜選択肢に爆笑しました。
時々関西弁だから(笑)
ヒロインよりも、脇を固める男達に魅せられた。
そしてこんな爺さん達が、物語に深みを与える。
まるで奴隷市場のバルバリゴ大使の様な漢でした
東洋人とマクラウドが居ないとみつナイやRが成り立たなく
なるから
大好きだから
彼の成長する姿も見てみたかった。
惜しいところまでいってる気がするんだけど。
教会へ行くと約7割方この人が登場するので。